自分らしさの追及 

c0135256_8503131.jpgc0135256_8511362.jpg日本の若者は実に“着る”という事に貪欲です。色んな子がいるし、色んなファッションがある。それに比べて欧米の子は一部のお洒落な子達を除いてユニフォーム化していて面白くない。だから海外のデザイナーやジャーナリストが日本のファッションを面白がって取り上げ、それなりの評価をする。ただ間違っちゃいけないのは大人を指して言っているのではないという事。残念な事に大人になると若かりし日のファッションに対する熱が冷めすっかり常識人ルックへと変貌して行くか、子供の言いなり。どういう訳か全てが護りの体制に入ってゆく。自分や家庭、子供を護る事に精一杯で、自分らしさを見失ってしまう。だから自分じゃ何も決められない大人になってしまう。欧米人は逆パターン。どちらがいいとは言えないけれど、私たち日本人はもっと自由に好きな物を着て、楽しく生きる事を考え直しても良いんじゃないかと思う。50代なんて本当にまだ若い。特に日本人は体型的にも諸外国の人達と比べたら全然OKだと思う。最近50代を対象にした雑誌が増えているけれど、一言申し上げたい。50代を初老扱いするのはやめて頂きたい。写真も老人を連想させる物ばかり使わないで頂きたい。海外のオバサン、オバアサンはこんなに頑張っているんだから私たちも頑張らないとね!

FROM HONG KONG
by accostage-hk-jp | 2009-03-10 08:55 | Fashion
<< 脱帽です! Slumdog Million... >>