西洋とアジアの融合

 
c0135256_922333.jpg
忙しくてブログの更新をサボってしまいました。展示会の前はいつも仕事の事で頭が一杯になってしまいます。気がつかないうちに考え込んでいて時間を忘れてしまい、家庭の事が二の次になっています。反省反省。
 今回は香港のインテリア事情についてご紹介しようと思います。外国人が多いせいもあって、西洋と東洋を融合させたインテリアが主流になっているのがとても面白く、夢が広がってゆきます。そのミスマッチが心地良い落ち着きを引き出してくれるのはなぜなのでしょう。人間もお互いを尊重し合い融合して行けたら、心地の良い平和な世界が実現してゆくのかもしれません。
 香港島の外れのAPLEICHAUという半島に大きなビルがあって、その中には大きな家具の倉庫兼ショップや、インテリア雑貨、有名ブランドのファクトリーアウトレットなどが入っています。
そこで大物を購入するのは香港在住の外国人か香港通の観光客、現地の人は少ないのかもしれません。特にテラスや庭のある家に住んでいる香港人は少なく、殆ど外国人なのでガーデンファニチャーなどの多くは輸出向けなのでしょう。中国家具は本当に素敵だし、バリの家具には存在感がある、そこに可愛い雑貨でコーディネートするのはとても楽しいものです。
 家具も洋服と一緒で、コーディネートが大切です。自分なりのコーディネートをしてゆく所に独自の心地良い居場所を作ってゆく事が出来ます。インテリアって自分発見にも繫がるって知っていましたか?
c0135256_927032.jpgc0135256_9271911.jpg

by accostage-hk-jp | 2007-10-21 09:33 | HK Special
<< ふわふわショール 大切な出会い >>