四川省成都市への里帰り

3年ぶりに主人の実家に3泊4日の里帰り。中国の発展を目の当たりにして、驚くと言うよりも不思議な感じを受けました。街の建物も近代化し、物凄いビルがたくさん建っていて、世界中どこに行っても都会は同じ雰囲気になっていくのだなあと発展を喜ぶ反面、中国らしさや地方色が無くなって行くのを残念に思ったりもしました。スターバックスに、マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、やっぱりどこにでもあって便利と言えば便利、でもちょっと邪魔な気がしました。c0135256_9172357.jpgc0135256_9174224.jpg

四川と言えば四川鍋。辛いけど知らないうちに結構食べちゃってる。ごま油に生ニンニク、香菜を入れた物にオイスターソースや塩を入れて付けながら食べます。本当に美味しかった!c0135256_9245342.jpgc0135256_925675.jpg

辛いのに飽きたら今度はきのこ鍋。何十種類のきのこや薬草、黒い鳥肉などでとった出し汁にまた沢山のきのこを入れて食べます。美味しいし、体の芯から汗が出て体にいいのを実感します。帰りにちょっと素敵なお茶屋さんへ。c0135256_9563238.jpgc0135256_95647100.jpg

四川省は特に食材が豊富。海がないので海鮮類は別ですが、野菜、山菜、肉類、そして豊富な香辛料、そして料理の仕方も常に進化しているのだそうで、行く度に新しい物があります。
食べて帰ってくるだけでも幸せですよ。
FROM Hong Kong
[PR]
by accostage-hk-jp | 2008-05-05 10:07
<< 変ってゆく中国のライフスタイル 久々にステキ! >>